FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
人妻■<元同僚の証言> 
<元同僚の証言> 
 リーマンの元社員からも、政府がなぜ救済を見送ったか、理解に苦しむという発言が相次いでいる。
 ファルド氏と一緒に働いていたある幹部は「政府はリーマンを破綻させるべきではなかった。あれはとてつもない間違いだ」と指摘する。
 元同僚にはファルド人妻氏をかばう人もいるが、リーマンの元バイスプレジデント(ディストレスト債・転換証券トレーディング担当)、ローレンス・マクドナルド氏は、ファルド氏を傲慢で無責任な人物と批判する。
 同氏はリーマン破綻の内幕を描いた「コロッサル・フェイラー・オブ・コモンセンス」を出版。ロイターとのインタビューで「ファルド氏は何でも人のせいにする。市場が悪い、空売りが悪いと言っているが、実際には、周囲の有能な人が何度も警告を出していた。人妻聞く耳を持たなかっただけだ。業界にはファルド氏に対する嫌悪感がいまだに残っている」と語った。
  ファルド氏の経営手法がリーマン破綻の一因になったとの指摘もある。
 1990年代後半に人妻リーマンの最高財務責任者(CFO)を務め、現在サンフォード・C・バーンスタインのアナリストを務めるブラッド・ヒンツ氏は「リーマンは小さな問題が人妻積み重なって破綻した。レバレッジの引き上げ、リスクの高いポジションの維持、資本増強の遅れ、ホットマネーに依存した資金調達といった問題が重なった」と述べた。
 リーマンでディストレスト債トレーディングの責任者を務めていたローレンス・マッカーシー氏は、会社を辞める前、不動産市場の崩壊が近く、会社のレバレッジ比率が高すぎると何度も警告したという。
 「ファルド氏をよく知る人はおそらく6─7人しかいない。31階で自分の世界を築き、一般社員との付き合いはなかった。4年間リーマンで働いたが、トレーディングフロアに下りてきたことは一度もない」
 マクドナルド氏の著書によると、人妻マッカーシー氏は「人妻(リーマンのリスク委員会が)ブレーキを踏めと勧告したのにファルド氏はアクセルを踏んだ」と証言している。
 この件についてアイダホ州の山荘で話を聞くと、ファルド氏は怒りをあらわにした。「私を馬鹿にしているのか。2カ月前になって急に問題に気づいたとでも言うのか。全く違う。予兆はあった」
 翌日、ソルトレイクシティーの人妻空港でマクドナルド氏の著書を「全くの言語道断」と切り捨てたファルド氏は、記者にこう語った。
 「(マクドナルド氏は)会社を去らなかった。私は会社を去った。人妻自分は敗北主義者ではない。最後には善人が勝つ。そう信じている」
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

【2009/09/19 10:22】 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
出会い セフレ メル友
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。