FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
人妻■八百長? 味方のゴールにシュート3発 中国プロサッカー 疑惑絶えず人気低迷
【北京=矢板明夫】人妻中国のプロサッカー界が八百長疑惑に揺れている。9月2日に行われた公式試合で、終了間際に味方のゴールに向け、立て続けに3発も強烈な“バックパス”。これが大きな話題となり、闇賭博が絡んでいるのではないかと指摘されている。中国サッカー協会はすでに調査に乗り出しており、不正行為があったと判断されれば、刑事事件に発展する可能性もあるという。

 中国紙「体壇週報」などによると、人妻八百長疑惑が浮上したのは、人妻四川省成都市で行われた2部リーグの青島対四川の試合。終了5分前まで青島が3-0でリードしていたが、選手交代でベテラン選手が登場すると、様子が一変した。

 この選手の指示を受けた青島の選手は人妻一斉に攻撃をやめただけでなく、自らのゴールに対し、2人の選手がシュートと見間違えるような強いバックパスを計3発放った。2発はゴールを外れたものの、1発はキーパーに止められ、人妻いずれもオウンゴールにはならなかった。

 しかし、これを見た観客が騒然となり、双方の応援団から「仮球(八百長)!」「仮球!」とのブーイングの大合唱が起きたという。

 試合後、青島の責任者は「人妻時間稼ぎの戦術を取ったにすぎない」と疑惑を全面否定したが、インターネットユーザーの間では「青島の選手は、闇賭博で『得失点差2で勝つ』に大金をかけた暴力団から圧力を受けたのではないか」との見方が広がっている。

 中国サッカー協会はすでに調査チームを立ち上げ、試合のビデオを精査するとともに、人妻両チームから事情聴取を始めている。闇賭博が事実であれば、当局に告発する構えを見せている。

 中国のプロサッカー界ではここ数年、審判員買収や八百長などの疑惑が絶えない。2007年6月に闇賭博絡みで選手同士の人妻殺人事件も起きており、一連の不祥事によりサッカー人気は低迷している。
スポンサーサイト
[PR]

【2009/09/25 10:30】 | 人妻■八百長? 味方のゴールにシュート3発 中国プロサッカー 疑惑絶えず人気低迷 | page top↑
| ホーム |
出会い セフレ メル友
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。