FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
人妻■<元同僚の証言> 
<元同僚の証言> 
 リーマンの元社員からも、政府がなぜ救済を見送ったか、理解に苦しむという発言が相次いでいる。
 ファルド氏と一緒に働いていたある幹部は「政府はリーマンを破綻させるべきではなかった。あれはとてつもない間違いだ」と指摘する。
 元同僚にはファルド人妻氏をかばう人もいるが、リーマンの元バイスプレジデント(ディストレスト債・転換証券トレーディング担当)、ローレンス・マクドナルド氏は、ファルド氏を傲慢で無責任な人物と批判する。
 同氏はリーマン破綻の内幕を描いた「コロッサル・フェイラー・オブ・コモンセンス」を出版。ロイターとのインタビューで「ファルド氏は何でも人のせいにする。市場が悪い、空売りが悪いと言っているが、実際には、周囲の有能な人が何度も警告を出していた。人妻聞く耳を持たなかっただけだ。業界にはファルド氏に対する嫌悪感がいまだに残っている」と語った。
  ファルド氏の経営手法がリーマン破綻の一因になったとの指摘もある。
 1990年代後半に人妻リーマンの最高財務責任者(CFO)を務め、現在サンフォード・C・バーンスタインのアナリストを務めるブラッド・ヒンツ氏は「リーマンは小さな問題が人妻積み重なって破綻した。レバレッジの引き上げ、リスクの高いポジションの維持、資本増強の遅れ、ホットマネーに依存した資金調達といった問題が重なった」と述べた。
 リーマンでディストレスト債トレーディングの責任者を務めていたローレンス・マッカーシー氏は、会社を辞める前、不動産市場の崩壊が近く、会社のレバレッジ比率が高すぎると何度も警告したという。
 「ファルド氏をよく知る人はおそらく6─7人しかいない。31階で自分の世界を築き、一般社員との付き合いはなかった。4年間リーマンで働いたが、トレーディングフロアに下りてきたことは一度もない」
 マクドナルド氏の著書によると、人妻マッカーシー氏は「人妻(リーマンのリスク委員会が)ブレーキを踏めと勧告したのにファルド氏はアクセルを踏んだ」と証言している。
 この件についてアイダホ州の山荘で話を聞くと、ファルド氏は怒りをあらわにした。「私を馬鹿にしているのか。2カ月前になって急に問題に気づいたとでも言うのか。全く違う。予兆はあった」
 翌日、ソルトレイクシティーの人妻空港でマクドナルド氏の著書を「全くの言語道断」と切り捨てたファルド氏は、記者にこう語った。
 「(マクドナルド氏は)会社を去らなかった。私は会社を去った。人妻自分は敗北主義者ではない。最後には善人が勝つ。そう信じている」
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
【2009/09/19 10:22】 | 未分類 | page top↑
人妻■酒井法子被告、よもやの心変わり「夫と息子と暮らしたい」
酒井法子被告、よもやの心変わり「夫と息子と暮らしたい」

覚せい剤取締法違反(所持)の人妻罪で起訴された女優で歌手、酒井法子被告(38)が、「夫と息子と3人で静かに暮らしたい」と供述していることが8日、分かった。継母(62)に近い建築解体会社「社長」(71)や弁護士の話で、夫、高相祐一被告(41)との離婚を決意したと思われていたが、よもやの心変わり。同じ罪を犯した夫と歩む人生は、再犯リスクも否めないと指摘する法曹関係者もいるが…。

 覚せい剤による“負の連鎖”を断ち切るために離婚を人妻決意したはずの酒井被告が一転、「覚せい剤を勧められた」夫との生活を選択した。

 「ここを出たら、人妻夫と息子と3人で静かに暮らしたい」。酒井被告は警視庁東京湾岸署での取り調べで、そう供述した。

 逃走中、人妻同被告が継母に「引退して離婚し、長男(10)と(継母の)3人で暮らしたい」と涙ながらに話していたことを、「社長」がサンケイスポーツに証言。また、9月1日、接見に訪れた高相被告の母親が「長男を引き取りたい」と申し出た際、人妻酒井被告はかたくなに拒否していた。「社長」は同被告が覚せい剤の入手先である夫と決別するとの見方を示していたが…。

 所属事務所「サンミュージック」を解雇された酒井被告について、ある関係者は「肺がんを患い、入院を余儀なくされた継母に頼れない状況にあるのでは」と話す。高相被告の実家はスキー用品店「SKI SHOP JIRO」を経営しており、「今は夫が頼みの綱で、人妻離婚を“撤回”した可能性は大きい」と同関係者は推測。

 ただ、高相被告は結婚後、サーフショップを出店するも失敗し、東京・南青山に購入した自宅マンションのローンも酒井被告が支払っていたことを考えると、「再び夫婦生活を始めても、経済的に困窮するのでは」と心配する声も多い。

 さらに、覚せい剤の快楽を知った2人が人妻再び生活した場合、再犯の恐れもあるという。覚せい剤事件などを多く扱うアトム東京法律事務所の岡野武志弁護士(31)は「入手ルートが夫であるならば、再犯の可能性は否定できない」と指摘。

 続けて「執行猶予の場合、判決で保護観察処分がつき、人妻1カ月に2度、保護司の指導を受けることになる」と説明した上で、「再犯の誘惑に打ち勝つには、夫婦で共通の危機感を持てるかがカギになる」と力説する。

 執行猶予になっても、人妻酒井被告夫妻には“いばらの道”が待っている。

【2009/09/15 10:16】 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
出会い セフレ メル友
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。